保育士への道は一つじゃない!選択は自分次第

保育士の免許を取得するための二つ方法

どんな時代も人気の職業「保育士」の資格を得るには、どうしたらよいのでしょうか?大きくわけると、二つの道があります。一つ目は、「指定保育士養成施設」である大学、短大、専門学校に通うこと。決められた単位をきちんと取得し卒業すれば、保育士試験を受けなくても免許を取得できます。二つ目は、保育士試験に合格すること。ただし、保育士試験を受けるには、学歴や実務経験などの受験資格がありますので、事前に確認が必要です。

「指定保育士養成施設」もいろいろあります

「指定保育士養成施設」とは、厚生労働大臣の指定した大学、短大、専門学校のことです。ここの保育士養成課程を修了することが、条件になっています。養成施設のうち、四年制大学以外の昼間の学校は2年間、夜間と通信は3年間の課程を受けてくださいね。また、養成課程の名称は「保育科」「保育コース」という名前以外にも、学校独自の名称がありますから注意してください。通学時間や立地、施設の内容など、自分の条件にあったところを探してくださいね。

保育士試験を受けるという選択

保育士養成課程のある学校に進めば、試験を受けることなく保育士になれますが、社会人になってから保育士を目指す方でしたら保育士試験を受けることになります。また、別の専門分野を学んでいる学生さんが保育に興味を持ったり、主婦の方や子育てを経験された方が、保育の仕事に携わりたいということもありますよね。そのような方は、独学で学んで試験合格を目指したり、通信教育などを利用して学んでいるようです。保育士は子どもの未来に関わる素晴らしい仕事ですので、自分にあった方法で、ぜひ夢を叶えてくださいね。

保育園での求人に応募するのであれば、保育士の資格を取った方がより就職しやすくなります。独学でもじゅうぶん取得可能な資格なので、チャレンジしてみましょう。